売れるメニュー作成

メニュー作成トップ

メニュー作成見出し01
メニュー作成キャッチ

飲食店繁盛会のメニュー作成は、月刊飲食店経営や
日経レストランなど数多くの業界誌に認められ、何度も
紹介されています。メニューブックを単なる「お品書き」から
お店のメニューコンセプトに基づいた「収益アップ」のための
戦略ツールとして、実績のあるノウハウを用いて、
『売れる』メニューブックを作成します。
メニュー添削

メニュー作成見出し02

ここが違う-01
メニューブックは、見栄えをカッコ良く作れば良いわけではありません。
お店都合ではなくお客様の視点で作り、客数や客単価・粗利益はもちろんのこと、
オペレーションも改善されなければ意味がありません。
飲食店繁盛会には、その理論とノウハウがあります。

ここが違う-02
まずは、飲食店繁盛会独自の分析手法で現状のメニューを分析し、
商品構成のアドバイスを行いながらメニューブック作成をします。

ここが違う-03
「ウリのメニューが2倍売れるようになった!」「客単価が上がった!」
「オペレーションがすごく楽になった!」等々、飲食店繁盛会には数多くの実績があります。
成功事例の一部はこちらをご覧ください。

ここが違う-04
月刊飲食店経営(商業界)で弊社の実例と理論とノウハウが1年にわたって紹介されるなど、
業界誌の連載や特集記事の執筆も数多くの実績があります。
また、各方面からのセミナーや取材の依頼等、マスコミからも多くの注目を集めています。

ここが違う-05
データは渡さず、印刷して納品するのが一般的ですが、それだと、その後のちょっとした修正でも費用がかかってしまいます。飲食店繁盛会は、イラストレーターのデータで納品しますので、その後のリニューアル等も、自分でできます。もちろん印刷して納品することもできます。

ここが違う-06
飲食店繁盛会でメニューブック作成を依頼されて、メニューブックカバーもご注文いただくと、な、なんと 【定価の40%OFF】になります! もちろんこれは飲食店繁盛会ならではのサービスで、定価の40%オフは、 おそらくだれも真似できない価格です!

メニュー作成見出し03

メニュー作成お客様の声

成功事例 しょうや
チャーシュートッピングが増えました。お客様がメニューをよーく見る ようになり、表紙の家族をみて、指さし確認。お話するきっかけとなり、お客様との距離がさらに近くなりました。売上も飲食店繁盛会の会員になった時と比べて、約3倍に伸びています。(横田様)

成功事例 ムグンファ
土曜・日曜日に関しては、予約・待ちのお客様の対処を考えなくてはならない時期にきたとおもいます。うれしい悲鳴です。重ね重ねありがとうございます。(金原様)

飾りバー
売りたいメニューとお薦めを大きく抜き出し、客単価平日200円、週末500円アップ
飾りバー

成功事例
客単価をコントロールしつつ、主力商品オーダー数のアップへ
メニューブックのリニューアル後、鶏ちゃん焼のお代わりが増えました。鶏ちゃん焼の追加トッピング、おしんこ、デザートの配置で、平均客単価が平日で200〜300円、週末は500円アップしています。スタッフもメニューブックを活用して、オススメトークしやすくなりました。しかもお客様からは「本当にこの値段でいいの?」というコメントを頂けますので、客単価があがったにもかかわらず、お得に思ってもらっているようです。
(東京都 三浦純一郎店長)
客単価アップ


■その他の具体的事例はこちらの「無料レポート」でご覧になれます

メニュー作成見出し04

ぐるなび通信2010.05 日経レストラン2009.09 マスコミ掲載
ぐるなび通信
「売れるメニューブック  
ビフォー・アフター大公開
日経レストラン
「メニュー7つの新法則」 ・・他多数
メニューセミナーも全国で
開催実績があります
アサヒビール様・カシオ計算機様・
多摩信用金庫様・飲食店繁盛会
主催セミナー・全国商工会議所様…

メニュー作成見出し05

メニュー作成の流れ

まずは、お気軽にお電話ください。そこで、コンサルタントと直接話して、依頼するか否かを決定してください。
打合せは電話か弊社事務所となります。貴店へコンサルタントが伺う場合は、別途費用がかかります。

メニュー作成見出し07

お見積もりのご請求、サービス内容のお問合せなど、お気軽に連絡ください。

メニュー作成まずはお電話


メールでのお問合せ:omise@hanjoukai.com   担当 オバタ